mouse X5-R7-E公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「mouse X5-R7-E」についてレビューをまとめています。mouse X5-R7-Eには派生モデルとしてストレージ容量が倍増の「mouse X5-R7」もあります。こちらについても合わせて紹介しています。モバイル向けのハイパフォーマンスモデルであるRyzen 7 4800Hを搭載しているのが最大の特徴です。

8コア16スレッドと圧倒的なスペックを誇ります。CPU負荷の高い映像編集・画像編集・ビジネスなどの作業を考えている方に最適です。本体デザイン自体はオシャレなのですが、赤色で派手なため人によっては選びにくいかもしれませんね。また、OSには一般的なWindows 10 HomeではなくWindows 10 Home(Sモード)を搭載しているのも特徴だと言えます。

mouse X5-R7-Eのスペック

mouse X5-R7-Ehaimen

価格104,280円(税込)
OSWindows 10 Home(Sモード)
液晶サイズ15.6インチ
重量約1.49kg
CPURyzen 7 4800H
グラフィックボードRadeon グラフィックス
メモリ8GB
SSD256GB NVMe
HDD非搭載
光学ドライブ非搭載
バッテリー駆動時間約18.5時間
おすすめ度★★★★★★★★★★
価格は税込み104,280円となっています。OSはWindwos 10 Home(Sモード)を搭載しています。液晶サイズは15.6インチです。本体重量約1.49kgとかなり軽いです。CPUにはRyzen 7 4800Hを搭載しています。CPU内蔵グラフィックスのRadeonグラフィックスを搭載しています。構成はメモリ8GB、SSD 256GB NVMeです。光学ドライブは搭載されていません。バッテリー駆動時間は約18.5時間と長いです。おすすめ度は10段階で10と満点です。Ryzen 7 4800Hを搭載したノートパソコンが少なく評価が高いです。

Windows 10 Home(Sモード)について

 Windows 10 Home
(Sモード)
Windows 10 Home
(通常版)
Microsoft Storeのアプリ
Microsoft Store以外のアプリ×
ブラウザMicrosoft Edge自由に設定可
検索エンジンBing自由に設定可
mouse X5-R7-EのOSはあまり聞き慣れないWindows 10 Home(Sモード)を搭載しています。セキュリティ及びパフォーマンスに特化した特別なモードです。ただし、Microssoft Store以外のアプリがインストールできなかったり、ブラウザや検索エンジンが固定されてしまったりと利便性が高いわけではありません。つまり、Chromeブラウザを使ったり、Googleを使ったりができないということです。

ほとんどの方にとってデメリットしかないので解除することになるでしょう。Windows 10 Home(Sモード)は、Microsoft Storeから簡単に解除ができます。一度解除してしまうとSモードに戻すことはできなくなります。ブラウザや検索エンジンについてそれぞれMicrosoft EdgeやBingで問題ないのであればそのままでも良いかもしれません。

>>mouse X5-R7-Eを購入<<

mouse X5-R7-Eのカスタマイズ項目まとめ

メモリ

mouse X5-R7-Ememory

メモリ容量のカスタマイズはおすすめです。税込み5,390円と比較的リーズナブルなのも嬉しいですね。ハイクラスのRyzen 7 4800H搭載モデルとしてメモリ容量8GBでは物足りません。より負荷の高い作業への対応力を高めるためにもメモリ16GBへのアップグレードは必須とも言えます。より効率的にCPUがデータの処理を行うことができるようになります。32GB以上へのアップグレードはそれほど必要性が高くありません。

ノートPC用クーラー

mouse X5-R7-Ecooler

熱対策としてノートPC用クーラーを選択するのも一つの方法です。それほどコストが掛からず長く使用することができるのが魅力です。mouse X5-R7-Eは、ハイパフォーマンスなRyzen 7 4800Hを搭載しているため熱をもちやすいノートパソコンです。

熱を持つとパフォーマンスが低下してしまうので、パフォーマンス低下を防ぐためにも効果的です。ただし、最も効果的なのは部屋の空調管理です。どうしても空調管理が難しい状況の場合は検討してください。

mouse X5-R7-Eのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
mouse X5-R7-Eが対応できる用途の幅は広いです。Ryzen 7 4800Hを搭載していることによるメリットです。動画編集・RAW現像・マンガ制作・デイトレ・WEBデザイン・DTM・ビジネスとたいていの作業に対応することが可能です。

苦手としていることを覚えた方が早いかもしれません。苦手なことはずばりグラフィックス処理性能が求められる作業です。具体的にはゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADです。mouse X5-R7-Eには外付けのグラフィックボードを搭載していないので、これらの作業への対応力は低いです。CPU内蔵グラフィックスだけでは限界があります。CPU性能に特化したモデルだと考えて良いでしょう。

mouse X5-R7-Eの性能

Ryzen 7 4800H

ryzen74800hscore

Ryzen 7 4800Hは、モバイル向けCPUとしてトップクラスの性能を持つモデルです。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く様々な用途で使用することができます。理論上はIntelのハイパフォーマンスモデルであるCore i9-10980HKよりも高いです。アプリケーションごとに得手不得手があることは理解しておく必要がありますが、Ryzen 7 4800Hは総じて高いパフォーマンスを発揮します。

同じ価格帯であるCore i7-10875Hを大きく上回る性能を持っています。動画編集などCPU負荷の高い作業も問題なく行なえます。ただし、デスクトップ向けモデルに比べると消費電力が抑えられている分だけパフォーマンスは劣ります。動画編集でも4Kファイルなど比較的大きなデータを取り扱う場合は物足りなさを感じてしまう可能性もあります。

Radeon Graphics

radeongraphics7score

当該モデルに採用されているRadeon Graphics 7は、CPU内蔵グラフィックスとして平均より高い性能を持っています。一般的なWEBデザインなどでのグラフィックス処理は難なくこなせます。一方で、大規模なデータの扱いやゲームプレイは苦手です。こういった作業を考えている方はグラフィックボード搭載モデルを選択した方が良いでしょう。

>>mouse X5-R7-Eを購入<<

mouse X5-R7-Eを選ぶ3つの理由

モバイル向けとして最高峰のCPU性能を持っているから

mouse X5-R7-Eを選ぶ最大の要因は、Ryzen 7 4800Hを搭載していることだと思います。Zen 2アーキテクチャのCPUで前世代のモデルよりもパフォーマンスが引き上げられています。ノートパソコンでRyzen 7 4800H以上の性能を持つCPUを搭載しているモデルはそれほど多くありません。

8コア16スレッドとトップクラスのマルチスレッド性能を持ち満足度が高いです。Intel Core i9シリーズを超える性能を持っているのは素晴らしいです。このモデルで性能不足を感じてしまうなら納得できてしまうほどです。負荷の掛かる作業を考えている方は必見です。

Hシリーズのグラフィックレスモデルは希少性が高いから

ハイパフォーマンスなHシリーズのCPUを搭載していてグラフィックボードレスモデルは希少性が高いです。需要が高いように思うのですが、実はラインナップはそれほど多くありません。ゲームプレイや3D CADなどグラフィックスス処理性能が必要でない用途での使用を考えている場合価格が抑えられるグラフィックスレスモデルは魅力的でしょう。

その分だけ性能の高いCPUを搭載することができてメリットが大きいです。ゲームや3D CADでの使用はしないけど、比較的CPU負荷の高い動画編集・画像編集・WEBデザインなどをメインに考えている方におすすめです。他に選択肢がないほど独自性の高いBTOノートパソコンだと言えます。

本体が軽くバッテリー駆動時間が長く実用性が高いから

mouse X5-R7-Eは、15.6インチとやや大きめなモニターを搭載していながら本体重量約1.49kgと比較的軽いです。この軽さであれば女性の方でも気軽に持ち運びができると思います。本体も薄くてカバンにもすっぽり収まります。さらに、バッテリー駆動時間が約18.5時間と長いことも持ち運びの機会を増やしてくれるでしょう。

一日充電しなくても余裕を持って作業を行うことができます。ハイパフォーマンスなCPUを搭載していながらこれだけのバッテリー駆動時間を実現しているのは評価できます。消費電力が高くなるグラフィックボードを搭載していないことのメリットでもあると言えますね。

>>mouse X5-R7-Eを購入<<

mouse X5-R7-Eの弱み

カスタマイズでもHDDの追加ができない

HDDの追加ができないというのは弱みの一つです。ダブルストレージを実現することは不可能です。ストレージ容量を増やしたいならシステム用のSSDの容量を増やすか外付けのストレージを搭載するしかありません。いずれもカスタマイズで対応することができますね。

場合によってDropboxなどのクラウドストレージサービスを活用しても良いかもしれません。基本的には無料で利用できますのでメリットは大きいです。ネット環境さえあればいつでもデータにアクセスすることができるので、物理ストレージに保存するよりも利便性が高いです。データ紛失のリスクも減らすことができます。

標準モデルではメモリ容量が8GBと少ない

mouse X5-R7-Eは標準モデルではメモリ容量8GBと少ないです。ハイクラスのCPUを搭載していることを考えると物足りないですね。カスタマイズで16GBに増設することができるため検討した方がよいでしょう。

Ryzen 7 4800H+メモリ16GBになると安心感があります。動画編集などの負荷の掛かる作業でも有利になります。このクラスのモデルならメモリ容量デフォルトで16GBでもよかったかもしれません。

やや派手な本体デザインは使用する人を選ぶ

完成度の高いmouse X5-R7-Eですが、一つ賛否が分かれる点があります。それは本体のデザインです。赤色の派手なデザインを採用しているため、人によっては敬遠してしまうかもしれません。ブラックやシルバーのデザインも選べたら良かったのですが、現在はレッドのみ選択することができます。私も少し抵抗があるかもしれません。

mouse X5-R7と比較

ブランドマウスコンピューターマウスコンピューター
製品名mouse X5-R7-E
mouse X5-R7-E
mouse X5-R7
mouse X5-R7-E
価格104,280円(税込)109,780円(税込)
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ
CPURyzen 7 4800HRyzen 7 4800H
GPURadeon GraphicsRadeon Graphics
メモリDDR4 8GBDDR4 8GB
SSDNVMe 256GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
重量約1.49kg約1.49kg
バッテリー駆動時間約18.5時間約18.5時間
Wi-Fi 6
PowerDelivery
光学ドライブ
キーピッチ約18mm約18mm
キーストローク約1.4mm約1.4mm
公式公式公式
上位モデルであるmouse X5-R7と比較していきます。価格差は5,500円(税込)です。それでSSD容量が倍の512GBにアップグレードされます。mouse X5-R7-Eのストレージを512GBにするのに+6,710円(税込)かかりますので、1,200円程度お得に購入できるということです。非常にお得ですが、次に紹介する価格.com限定モデルを選択するのがおすすめです。

mouse X5-R7-KKと比較

ブランドマウスコンピューターマウスコンピューター
製品名mouse X5-R7-E
mouse X5-R7-E
mouse X5-R7-KK
mouse X5-R7-E
価格104,280円(税込)98,000円(税込)
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ
CPURyzen 7 4800HRyzen 7 4800H
GPURadeon GraphicsRadeon Graphics
メモリDDR4 8GBDDR4 8GB
SSDNVMe 256GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
重量約1.49kg約1.49kg
バッテリー駆動時間約18.5時間約18.5時間
Wi-Fi 6
PowerDelivery
光学ドライブ
キーピッチ約18mm約18mm
キーストローク約1.4mm約1.4mm
限定特定×マカフィーリブセーフ17ヶ月分
(セキュリティソフト)
公式公式公式
mouse X5-R7-Eには別途価格.com限定モデルも販売されています。かなり優遇されていてコストパフォーマンスが跳ね上がります。価格差は6,280円(税込)となっています。価格が安いにも関わらず、ストレージ容量が倍増となっています。さらに、セキュリティソフトが17ヶ月分ついていますので選択しない手はありません。最終的にはmouse X5-R7-KKを選択する方がよいでしょう。ただし、mouse X5-R7-Eがセール対象となり価格が下がった場合は十分比較検討する必要があります。

>>mouse X5-R7-Eを購入<<

mouse X5-R7-Eのケースデザイン

正面

mouse X5-R7-Esyoumen正面から見ると赤色のアクセントが魅力的ですね。狭額縁デザインを採用していてすっきりとした印象です。画面占有率が高いので作業効率も上がるでしょう。

天板

mouse X5-R7-Etenban天板にはmouseブランドのロゴが刻印されています。オシャレなデザインだと言えます。

キーボード

mouse X5-R7-Ekeyboardキーボードはオーソドックスなスタイルです。テンキーは搭載されていません。キーピッチ約18mm、キーストローク約1.4mmと平均的なスペックです。窮屈さを感じることもなく打鍵感も良好です。

右側面

mouse X5-R7-Eright本体右側面にはUSB 3.0 Type-C(Power Delivery対応)×1、USB 3.0端子×1、HDMI端子、電源端子が配置されています。Power Delivery対応は最新モデルらしさがあります。また、HDMI端子を使用すればモニターを容易に増やすことができます。

左側面

mouse X5-R7-Eleft本体左奥面にはネットワーク端子×1、USB 2.0端子×1、USB 3.0端子×1、ヘッドフォン出力/ヘッドセット端子×1、カードリーダーが搭載されています。カードリーダーはmicroSDSメモリーカードに対応しています。

電源ケーブル

mouse X5-R7-Ecable電源ケーブルは一般的なものです。比較的コンパクトですが、持ち運びをするとなるとややかさばってしまうと思います。別途Power Delivery対応アダプターを使用すればUSB 3.0 Type-Cで充電することができます。

>>mouse X5-R7-Eを購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、mouse X5-R7-Eのレビューを行いました。Ryzen 7 4800Hを搭載したハイクラスのBTOノートパソコンです。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応することができます。ノート向けCPUとしては最高峰のスペックです。メモリ8GB、SSD 256GBという構成です。用途次第ですが、CPU性能を考えるとメモリは16GBにアップグレードした方が良いでしょう。

お得な価格.com限定モデル「mouse X5-R7-KK」があることを忘れてはいけません。mouse X5-R7-Eよりも価格が安くストレージ容量も倍増となりますので必ずチェックしておくべきです。

公式

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume