mouse F5-i5

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「mouse F5-i3」についてレビューをまとめています。2020年6月のマウスコンピューターの人気ランキングNo.1ノートパソコンです。気になっている方が多い一台ではないでしょうか。

最新の第10世代CPUであるCore i3-10100Uを搭載しているのが特徴となっています。パフォーマンスの高いCore iシリーズの中でも価格が抑えられていることから人気があります。オフィスソフトやネット閲覧などでノートパソコンを使いたいと考えている方は必見です。

mouse F5-i3のスペック

mouse F5-i5

価格79,800円
液晶サイズ15.6インチ
重量約2.1kg
バッテリー駆動時間約7.5時間
CPUCore i3-10110U
グラフィックボードIntel UHD Graphics
メモリ8GB
SSD256GB
HDD非搭載
おすすめ度★★★★★★★★☆☆
税抜7万円第で購入できるノートパソコンです。液晶サイズは15.6インチと実用性と利便性を両立しています。重量約2.1kg、バッテリー駆動時間は約7.5時間です。CPUにはCore i3-10110Uを搭載しています。メモリ8GB、SSD 256GBという構成です。HDDは非搭載となっています。おすすめ度は★8つと高いです。

>>>>>mouse F5-i3を購入する<<<<<

mouse F5-i3のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i3-10110Uを搭載していることから廉価モデルであるCeleronに比べると対応力は高いです。メモリ容量も8GBと十分でしょう。負荷の軽いデータであれば画像編集、マンガ制作、WEBデザインにも対応可能です。外出先で簡単な作業を行えるのはメリットですね。動画編集、DTM、CADになるとやや厳しいです。専門的にパソコンを使うというよりは趣味で様々なアプリケーションを使いたい方向けだと言えます。過度な期待をしなければ扱いやすいモデルだと思います。

mouse F5-i3の性能

Core i3-10110U

corei3-10110useinou

Core i3-10110Uは、ノート向けモデルとしては標準的な性能を持つCPUです。前世代のCore i3-8145Uの後継モデルで15%パフォーマンスが向上しています。この性能アップは、アーキテクチャの進化ではなくターボクロック周波数の引き上げによるものです。前世代と同じ14nmプロセスを搭載しているため革新的な何かがあったわけではありません。それでもCeleronや古いモデルを使用している方なら性能差を体感できると思います。

Intel UHDグラフィックス

inteluhdgraphics

Core i3-10110Uには、CPU内蔵グラフィックスが搭載されています。3Dグラフィックスの処理性能は最低限のものです。Youtubeの動画視聴では3D処理性能は不要なので問題となることはありません。影響を与えるとすれば動画編集、RAW現像、WEBデザインなどでのアプリケーションの使用です。専門的に使用することのない方であれば特に問題はないでしょう。

>>>>>mouse F5-i3を購入する<<<<<

mouse F5-i3を選ぶ3つの理由

Core iシリーズ搭載の高パフォーマンスモデルだから

mouse F5-i3には、Core i3-10110Uが搭載されています。Core iシリーズの最安値モデルと言ってもやはりCeleronに比べるとパフォーマンスは高いです。2コア4スレッドとスペック自体は高くありませんが、Celeronに比べるとクロック周波数が引き上げられていることからワンランク高い性能を持っています。

あらゆるアプリケーションの使用において、クロック周波数は高いに越したことはありません。もちろんクロック周波数が高くなると消費電力が大きくなるというデメリットも生じますが、Core i3程度であればそれほど心配しなくても良いでしょう。Celeronでは物足りないと感じている方はぜひ検討してくださいね。

15.6インチモニター採用で実用性が高いから

ノートパソコンとしては大きめの15.6インチモニターを採用しているのが強みです。各BTOメーカーでも最もラインナップが多いサイズだと言えます。当然モニターが大きいほど作業が行いやすく効率が良くなります。

最近は14.0インチと一回り小さな液晶を搭載したノートパソコンも増えていますが、今でも15.6インチノートは売れ筋です。それはやはりバランスの良さが魅力的だからでしょう。このモデルも例外ではなくマウスコンピューターの売れ筋ランキングNo.1となっています。

豊富なインターフェースなど機能性が高いから

ノートパソコンとしては充実したインターフェースを兼ね備えているのは選ぶ理由となるでしょう。まず、ディスプレイ用にHDMI端子及びD-Sub端子があり複数モニターの環境を構築することができます。さらに、USB Type-Cにも対応していて充電が容易に行なえます。

対応ケーブルがあればわざわざ重いノート用ケーブルを持ち運ぶ必要がありません。その他の機能面で言うと最近では珍しくなった光学ドライブが標準搭載です。映画鑑賞や音楽鑑賞などに便利です。オプションでブルーレイ対応ドライブを選択することもできます。

>>>>>mouse F5-i3を購入する<<<<<

mouse F5-i3の弱み

持ち運びをメインに考えるとやや不便

mouse F5-i3は、15.6インチのノートパソコンです。ただし、重さが約2.1kgとやや厚くて重くなっているのがデメリットです。厚いからこそ光学ドライブが搭載できたり、ディスプレイ用端子が豊富だったりとメリットの裏返しとも言えます。

薄いモデルだと物理的に光学ドライブを搭載することができません。ディスプレイ用端子も同様です。光学ドライブ搭載という点にメリットを感じる方ならそれほど気にしなくても良いでしょう。

Wi-Fi 6はカスタマイズでのみ選択可

mouse F5-i3は第10世代CPUを搭載しているモデルですが、最新の無線規格「Wi-Fi 6」を使用するにはオプションで「インテル Wi-Fi 6 AX200」を選択する必要があります。+4,800円とやや高額です。せっかくならここはデフォルトで搭載していて欲しかったですね。

3Dグラフィックスの処理が苦手

当該モデルには外付けのグラフィックボードは搭載されていません。UHD グラフィックスというCPU内蔵グラフィックスが搭載されているものの性能は高くありません。本格的な3Dグラフィックス処理を行うには不向きです。

具体的にはWEBデザイン(3D処理)、ゲーム、3D CADなどは苦手です。カクついたり重くなったりしてまともに使用できません。これらの用途での使用を考えているのであればGTX 1650以上のグラフィックボードを搭載したモデルを選択するべきです。

mouse X4-i5-Eと比較

ブランドmousemouse
画像mouse F5-i5mouse-X4-i5
製品名F5-i3X4-i5
価格79,800円89,800円
液晶サイズ15.6インチ14.0インチ
重量約2.1kg約1.13kg
バッテリー駆動時間約7.5時間約12.0時間
CPUCore i3-10110UCore i5-10210U
GPUUHD グラフィックスUHD グラフィックス
メモリDDR4 8GBDDR4 8GB
SSD256GB256GB
HDD非搭載非搭載
光学ドライブ
USB Power Delivery対応
Wi-Fi 6オプション
公式公式公式
mouse F5-i3の購入を考えている方は同じマウスコンピューターの「mouse X4-i5-E」と比較検討してください。+10,000円アップで高性能なノートパソコンを購入できます。CPUには、4コア8スレッドのCore i5-10210Uと搭載しています。2コア4スレッドのCore i3-10110Uよりも性能が高いです。

14.0インチと一回り小さいものの狭額縁デザインを採用していて視認性の高さが特徴です。重さ約1.13kgと軽いのも嬉しいですね。持ち運びを考えているならmouse X4-i5-Eの方が便利です。CPU内蔵グラフィックス、メモリ容量、SSDなどは共通しています。

その他USB Power Delivery対応だったり、最新のWi-Fi 6に対応だったりと魅力的なモデルだと言えます。一方で、「mouse F5-i3」には光学ドライブが標準搭載となっています。数年前に比べると光学ドライブ非搭載モデルが増えてきています。重くなるなどのデメリットはあるものの自宅でDVDを観たり、CDを聴いたりしたいという方には必須とも言えますね。

>>>>>mouse F5-i3を購入する<<<<<

mouse F5-i3の口コミ

価格的にも機能的にもサブPCとして最適なモデルだと思います。今ではほとんど見なくなった光学ドライブ搭載モデルなのも嬉しいです。シンプルなモデルながら実用性が高く私の期待通りの役目を果たしています。

大学に持っていくためのパソコンを探していて評価の良かったF5-i3を選択しました。大学のコンピュータールームだとどうしても不便に感じることがあります。その点自分のパソコンがあればいつでもどこでもレポートを書いたり、調べ物をしたりすることができます。オフィスの使用など軽い作業だけなので性能も十分で満足しています。

mouse F5-i3のケースデザイン

正面

mouse F5-i5-syoumenナローベゼル(狭額縁)モニターを採用しています。視認性が高いノートパソコンだと言えます。Webカメラ内蔵となっているのもポイントです。本体自体はオーソドックスなデザインを採用しています。

右側面

mouse f5-celeron-right右側面にはヘッドホン出力/ヘッドホン端子、マイク入力端子、USB 2.0×2、DVDスーパーマルチドライブが配置されています。

左側面

mouse f5-celeron-left左側面には電源端子、LAN端子、D-Sub端子、USB 3.0端子(Type-C)、USB 3.0端子(端子)、HDMI端子が配置されています。複数モニターにも対応しやすいですね。

手前

mouse f5-celeron-cardreader本体の手間にはカードリーダーが搭載されています。写真などのデータも簡単にパソコンに取り込むことができます。

ロゴ

mouse F5-i5-haimen天板にはmouseのロゴがアクセントになっています。シンプルなデザインですね。

キーボード

mouse F5-i5-keyboardテンキー付きのキーボードです。約1.8mmのキーストロークで打鍵感に優れています。やや小さめなため普段デスクトップパソコンを使用している方だと少し違和感を感じてしまうかもしれません。

電源ケーブル

mouse F5-i5-dengen電源ケーブルは一般的なものです。

>>>>>mouse F5-i3を購入する<<<<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの売れ筋ノートパソコンである「mouse F5-i3」のレビューを行いました。15.6インチのオーソドックスなノートパソコンです。狭額縁デザインで視認性が高いです。本体はやや重いもののかばんに入れれば比較的容易に持ち運びができます。

CPUにはCore i3-10110Uを搭載していてCeleronとは一線を画するパフォーマンスを発揮します。WEBデザインやRAW現像など幅広く通用するモデルだと言えます。メモリ8GB、SSD 256GBと構成も十分だと思います。Celeronでは物足りないと考えている方やそれなりの性能が必要だと考えている方におすすめです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume