mousec1

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「mouse C1-E」についてレビューをまとめています。税抜34,800円という低価格が魅力の一台です。11.6インチとコンパクトなのも嬉しいですね。

この価格帯のノートパソコンでどのようなことができるのかを知りたいという方向けの内容です。性能が高いわけではありませんので、ただ安いからといって飛びついてしまうと失敗してしまうことになります。その特徴を理解することが大切です。

mouse C1-Eのスペック

mousec1

価格34,800円
液晶サイズ11.6インチ
重量約1.2kg
バッテリー駆動時間約7.5時間
CPUCeleron N4100
グラフィックボードUHDグラフィックス600
メモリ4GB
SSD128GB
HDD非搭載
おすすめ度★★★★★★★★☆☆
税抜34,800円で販売されているノートパソコンです。液晶サイズは11.6インチとコンパクトです。本体重量は約1.2kgとなっています。このサイズ感のノートパソコンは少なくなってきましたね。CPUにはCeleron N4100を搭載しています。Intel製CPUのエントリークラスです。メモリ4GB、SSD 128GBという構成です。おすすめ度は★7つです。とにかく価格が安いというのが評価のポイントです。

>>mouse C1-Eを購入<<

mouse C1-Eのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
mouse C1-Eでは用途がかなり限定されます。そしてこの記事全体で見てももっとも重要なポイントです。あなたが考えている用途が該当しているかどうか確認してくださいね。価格が安いBTOノートパソコンであらゆる用途で使いたいというのは欲張り過ぎだと思います。

基本的にはデュアル環境構築・動画視聴・WEBデザイン・Skype・ビジネス用途を考えている方向けです。動画視聴ではYoutube・Netflix・Huluなどの視聴に最適です。動画視聴での快適性は基本的にはネット回線の快適度に依存します。モニターの大きさなどは影響を与えることはありますが、パソコンのスペックが影響を与えることはありません。

WEBデザインは簡単な修正程度なら対応できます。PhotoshopやIllustratorをサクサク使用することはできないです。WEBデザイン系のアプリケーションは重いので快適とは言えませんね。ビジネス用途はワードがメインです。ExcelやPowerPointはやや厳しいです。

mouse C1-Eの性能

Celeron N4100

celeron n4100

Celeron N4100は、ノート向けのCPUの中でも最も性能の低いCPUの一つです。性能よりも価格を重視していてmouse C1-E向けだと言えます。発売日は2017年12月ですでに4年近く経過しています。この性能帯では上位モデルほど新しいモデルが登場するわけではないので、今でも多くのBTOノートパソコンに採用されています。

4コア4スレッドのCPUで、下位モデルであるCeleron 4205Uの2コア2スレッドよりはパフォーマンスが高いです。それでもCPU全体で見てもクロック周波数も抑えられていて最低限の性能だと考えて良いでしょう。消費電力は僅か6Wでこのことからも性能が高くないことがわかると思います。

Intel UHDグラフィックス

inteluhd600

CPU内蔵グラフィックスを搭載しています。上記表の通り、Intel UHDグラフィックスは必要最低限の性能を持つグラフィックスです。当然外付けのグラフィックボードには及びませんし、CPU内蔵グラフィックスの中でも性能は低いです。それでもmouse C1-Eで想定される用途であれば問題になることはありません。

>>mouse C1-Eを購入<<

mouse C1-Eを選ぶ3つの理由

業界最安値クラスのノートパソコンだから

mouse C1-Eの最大の魅力は、税抜34,800円という価格の安さにあります。送料・消費税込みで41,580円と格安です。これだけで十分選ぶ理由になります。旧モデルの在庫処分やセールなどでこれより安く販売されているモデルもあるかもしれません。例えば、LenovoやHPではかなり安いモデルが販売されることもありますが、一時的なものですぐ売り切れになってしまいます。

常時販売モデルの中では間違いなく最安値クラスのノートパソコンです。用途をしっかりと限定した上で選択すれば賢明な選択になります。この価格なら大学生の方や新社会人の方にもおすすめしやすいです。ご両親にもお願いしやすいかもしれませんね。

本体がコンパクトで持ち運びがしやすいから

コンパクトな11.6インチモニターを搭載していることも強みです。最近は14.0インチが主流でそれ以下のサイズのラインナップは少なくなりました。14.0インチノートや15.6インチノートも技術の進歩で重量は軽くなっています。ただ、ややサイズが大きくなるので持ち運び時にデメリットとなります。

その点mouse C1-Eは、片手でも簡単に持てるA4サイズで持ち運びを考えている方にとっては魅力的でしょう。本体重量も約1.2kgと軽めで大学や職場に持っていくことが多い方にもおすすめです。この大きさならカバンにもすっぽりと収めることができます。

I/Oパネルが充実していて使いやすいから

税抜3万円台のモデルとは信じられないほどI/Oパネルが充実しています。USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×1、HDMI端子×1、D-sub端子×1、マルチカードリーダー×1と実用性が高いです。15.6インチノートパソコンと比べても遜色ない仕上がりです。HMDI端子を使えばマルチモニター環境も簡単に作れます。NetflixやAmazonプライム動画を家庭のTVに映し出すこともできます。

>>mouse C1-Eを購入<<

mouse C1-Eの弱み

メモリとストレージが最小限

メモリ及びストレージについては最小限となっていることに注意してください。特にメモリ容量は4GBと最低クラスです。CPUとストレージのやり取りを行う上で容量が少ないとアプリケーションの使用中などにもたつくことがあります。もっとも価格とCPU性能を考えると間違った容量ではありません。価格を重視した結果でしょう。

ストレージについては128GBとなっています。たくさんの動画や画像を保存する予定のある方向けではありません。eMMCに比べると容量は多いですね。もう少しストレージ容量が欲しいならクラウドストレージを使用するか外部ストレージを活用すると安上がりです。

ベゼルが分厚くデザイン性は低い

デザイン性が高いモデルではないことを理解しておきましょう。価格を考えると仕方のない部分だと思います。製品ページの画像を見るとわかりますが、液晶部分のベゼル(縁部分)が分厚くてやや見た目が悪いですね。また、視認性が悪くなりますので、実用面でもマイナスになります。デザイン性を重視するなら倍以上の予算が必要です。

セール対象にはなりにくい

このモデルに関してはすでに価格が抑えられいるのでセール対象になる可能性は低いです。最近マウスコンピューターはセール・キャンペーンに力を入れています。そのことを考えると少し残念ですね。今後セール対象モデルになったとしても1,000円・2,000円程度の割引に留まると思います。

つまり、値段が変わる可能性が低く変わったとしても小さなものになるはずなので、いつでも買いのタイミングになるということです。2020年10月のハロウィンセールで39,800円→34,800円で販売されていました。その後2020年11月4日に今の価格である34,800円が定価になりました。実質キャンペーンが適用となっているのと変わりません。

>>mouse C1-Eを購入<<

mouse C1と比較

ブランドmousemouse
画像mouse_c1-syoumenmouse_c1-syoumen
製品名C1-EC1
価格34,800円44,800円
液晶サイズ11.6インチ11.6インチ
重量約1.2kg約1.2kg
バッテリー駆動時間約7.5時間約7.5時間
CPUCeleron N4100Celeron N4100
GPUUHD グラフィックス 600UHD グラフィックス 600
メモリDDR4 4GBDDR4 8GB
SSD128GB256GB
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
+10,000円で購入できるmouse C1と比較していきます。+10,000円でメモリ8GB、SSD 512GBとそれぞれ倍になります。選択肢として悪くないですね。オフィスソフトの使用やマルチタスクを考えている方は必見です。さらに、mouse C1はセール対象になることもありその差が小さくなります。例えば、2020年12月上旬にはセールが行われていて7,000円OFFで購入することができます。つまり、+3,000円でメモリやSSDがアップグレードできるということです。セール期間中はmouse C1一択です。

>>mouse C1-Eを購入<<

mouse C1-Eのケースデザイン

正面

mouse_c1-syoumen
正面からの画像です。本体自体は小さいのですが、ベゼル(縁)がやや厚くなっていることがわかります。もう少し販売価格を上げてコストを掛ければ同じサイズで13.3インチモニターが実現できるのではないかと思います。それでも46,800円という価格を考えれば納得できます。

天板

mouse_c1-tenban
天板にはマウスコンピューターのロゴが映えます。ブラックを基調としていて使う場所を選びません。安っぽさはありません。

右側面

mouse_c1-right
右側面にはUSB 2.0端子、USB 3.0端子、マルチカードリーダー、LAN端子、電源端子が配置されています。モバイルノートパソコンにしてはかなりI/Oパネルが充実していますね。

左側面

mouse_c1-left
左側面には、D-sub端子、HDMI端子、USB 3.0端子、マイクロフォン端子、ヘッドフォン端子が配置されています。D-subやHDMI端子を使えばデュアルモニター構築も容易です。

キーボード

mouse_c1-keyboard
キーボードはシンプルなものです。エンターキーの配置もオーソドックスで使い勝手が良いです。テンキーは当然ありません。キーピッチは約17.43mm、キーストロークは約1.7mmです。15.6インチノートだとキーピッチ約19mm、キーストローク約1.8mmとなりますので、やや窮屈さを感じると思います。

>>mouse C1-Eを購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、mouse C1-Eのレビューを行いました。税抜34,800円という価格が特徴のノートパソコンです。液晶サイズが11.6インチとコンパクトで本体重量も約1.2kgという軽さを実現しています。持ち運ぶ機会が多い大学生や社会人の方におすすめです。一部デザインで見劣りする部分があるものの価格を考えると納得できると思います。

CPUにはCeleron N4100を搭載しています。ノート向けCPUではエントリークラスです。動画視聴・WEBデザイン・Skypeなどのビデオ通話、ビジネスなどでの使用を考えている方向けです。メモリ容量も4GBと控えめなので高負荷の作業は苦手です。用途を限定すれば魅力的なモデルになるでしょう。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume