mbook-b508h

管理人管理人

当ページでは、マウスコンピューターが販売している「m-Book B508H」のレビューをまとめています。マウスイチオシの限定特価モデルです。お得なノートパソコンを探している方はぜひチェックしてくださいね。

m-Book B508Hのスペック

メーカーマウスコンピューター
型番m-Book B508H
液晶モニター15.6型 フルHDノングレア
価格109,800円
CPUCore i7-8565U
グラフィックボードHDグラフィックス620(CPU内蔵)
メモリ8GB
SSD512GB
HDD非搭載
バッテリー駆動時間約8.6時間
重さ約1.6kg
備考光学ドライブ無し
おすすめ度★★★★★★★★☆☆
税抜き109,800円、税込み121,824円となっています。15.6インチフルHDノングレアモニターを採用。CPUには省電力のCore i7-8565Uを搭載していて高いパフォーマンスを持っています。4コア8スレッドでCore i7-8550Uよりもブーストクロック周波数が高いのが特徴です。

メモリ8GB、SSD 512GBと構成も充実。省電力CPUの恩恵もあってバッテリー駆動時間は約8.6時間と長くなっています。本体も約1.6kgと軽くなっているのも魅力です。後述していますが、性能だけを考えるとよりコスパの高いモデルがあるためコストパフォーマンスは控え目です。

m-Book B508Hのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
×
businessperson
当該モデルはノート向けとしては性能が高いCore i7-8565Uを搭載しているため比較的オールラウンドに対応できます。動画視聴、ビジネス用途などで最適です。負荷の高い動画編集、イラスト制作などもこなせますがデスクトップパソコンに比べるとやや適正度は低いものの十分対応することができます。ノート向けであるCore i7-8565Uは、性能的にはデスクトップ向けのCore i3とCore i5の中間だと考えておきましょう。

グラフィックボードが非搭載となっているので、グラフィック性能が必要な用途においては苦手としています。例えば、ゲームプレイ、ゲーム実況、3Dデザイン、CADの適正度は高くありません。これらの用途でのパソコン購入を考えている方はグラフィックボード搭載モデルを選択しましょう。

m-Book B508Hを選ぶ3つの理由

限定モデルということでお得感がある

m-Book B508H gentei

3,500台限定で特価価格となっています。限定台数終了後は10,000円アップの119,800円(税抜)となります。この価格を考えると限定モデルはお得だと言えます。新色のゴールドカラーが高級感を演出しています。

重さ約1.6kgで持ち運びがしやすい

約1.6kgと持ち運びのしやすい軽さが特徴です。ノートパソコンの中には2.0kgを超えるものもある中これは嬉しいですね。デザイン的にも軽さ的にも女性の方でも持ち運びしやすいと思います。カバンにさっと入れることができますね。

また、本体が軽いからといって必要な機能をカットしているというわけではありません。ナローベゼル採用で画面占有率が高いのも魅力です。ベゼルを薄くすると耐久性の問題でコストが掛かってしまいます。コストカットを考えずに作られた魅力的な一台だと言えます。

高性能CPUで幅広い用途に使用できる

当該モデルに採用されているCore i7-8565Uは、2018年8月に登場した新しいCPU(Whiskey Lake世代)です。Core i7-8550Uと比較してブーストクロック周波数が15%向上しパフォーマンスがアップしています。負荷の高い作業を得意とするCPUです。

m-Book B508Hのイチオシカスタマイズ

SSD ★★☆☆☆

b508-ssd

+3,800円で高性能なNVMe SSDにアップグレードすることができます。ただ、こだわりがない限りはそれほど推奨しません。すでにSSDが搭載されているためあえてコストを掛けず安く購入する方がお得だと考えているからです。

HDD ★★★☆☆

b508h-hdd

+8,800円で1TB HDDを追加することができます。こちらもそれほど重要度が高いわけではなく予算が許すのであれば選択肢しても良いという程度です。クラウドサービスで対応できるなら特に選択する必要はありません。

m-Book B508Hの弱み

性能だけを見るとそこまでコスパは高くない

実は性能面を見るとずば抜けてコストパフォーマンスが高いモデルというわけではありません。このモデルの価値は軽量化された本体であるということとデザイン性の高い新色ゴールドカラーを採用していることにあります。

もし、これらの特徴にメリットを感じないのであれば「m-Book R500SN-M2S5」を検討しましょう。同じ価格でGeForce MX150搭載、メモリ16GBが採用されています。15,000円ほどお得に購入できます。本体自体はやや古いもののそれほど気にする必要はないと思います。

出荷にやや時間が掛かってしまう

当該モデルは翌営業日出荷には対応していません。最短3営業日出荷となりますので、受け取りまで5日から1週間程度見ておく必要がありますね。急ぎで欲しいという方は上記で紹介したモデルを選択しましょう。オプションで翌営業日出荷を選択することができます。

m-Book B508Hのデザイン

本体正面

m-Book B508H_syoumen

ナローベゼルの恩恵で視認性が高くなっています。シンプルで使い勝手が良いノートパソコンだと言えます。

本体天板

m-book b508h_haimen

ゴールドカラーが映えますね。マウスのロゴがあるのみでシンプルです。

キーボード

m-Book B508H_keyboard

キーピッチ約18.2mm、キーストローク約1.8mmとなっています。標準的なキーボードですが、一点だけ注意すべきところがあります。それは右側のShiftキーが極端に小さいということです。私のように左側のShiftキーしか使用しないのなら問題ないと思います。

本体左側面

m-Book B508H_left

左側には電源端子、USB 3.0端子、USB 2.0端子、マイク端子、ヘッドセット端子があります。電源ボタンも押しやすい位置にありますね。

本体右側面

m-Book B508H_right

右側には、USB 3.1(Type-C)、USB 3.0端子、Mini DisplayPort端子、HDMI端子、カードリーダー、ネットワーク端子、セキュリティスロットが配置されています。デュアルモニター環境も簡単に構築できます。

前モデルとの比較

 B508HB507H
画像mbook-b508hm-Book B504H
液晶サイズ15.6型15.6型
価格109,800円99,800円
CPUi7-8565Ui7-8550U
グラボUHD 620UHD 620
メモリ8GB8GB
SSD512GB512GB
HDD非搭載非搭載
バッテリー駆動約8.6時間約 4.4時間
重さ約1.6kg約2.1kg
公式公式公式
過去モデルであるB507Hと比較しています。価格は10,000円アップとなっているものの大きく変わっているためおすすめしやすいです。まず、CPUが最新のCore i7-8565Uに変わり、バッテリー駆動時間も倍増しています。その上重さが2.1kg→1.6kgと500gも軽くなっています。デザインについても最新モデルの方が優れていると思います。今購入するならB508Hが良いでしょう。

>>>>>m-Book B508Hを購入する<<<<<

m-Book B508Hの口コミまとめ

購入年:2019年 使用目的:RAW現像、WEBデザイン

出先でRAW現像やWEBデザインをするために購入しました。本体が軽く持ち運びがしやすいのは嬉しいですね!このモデルに決めたのはデザイン性の高さです。ブラックカラーだとメカメカしさがありますが、ゴールドカラーならオシャレだと思います。Photoshopについても3D処理をしないのであれば十分対応できています。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume