HP 15s-eq1000

管理人管理人

当記事では、格安ノートパソコンである「HP 15s-eq1000エントリーモデル」についてレビューと口コミをまとめています。税込44,800円とHPで販売されているノートパソコンの中で最安値クラスです。この価格帯でFULL HDモニターが手に入るのは嬉しいですね。

低価格帯のモデルを探している方はぜひチェックしてください。分割手数料0%キャンペーン+送料無料でかなりお得感があります。性能について理解しておけば購入後思っていたのと違うということはありません。

HP 15s-eq1000エントリーモデルのスペック

HP-15s-eq1000ahimen

価格49,280円(税込)
48,800円(税込)
液晶サイズ15.6インチ FULL HD
重量約1.6kg
バッテリー駆動時間約11.0時間
CPUAthlon Silver 3050U
グラフィックスAMD Radeon Graphics
メモリDDR4 4GB
ストレージSSD 128GB
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
定価は税込49,280円ですが、480円安く48,800円となっています。半導体不足の影響で割引が辛くなってしまっています。基本的にHPの場合はキャンペーン価格が定価と考えておきましょう。それがこのメーカーの販売方法です。15.6インチFULL HDモニターを搭載しています。重量は約1.6kg、バッテリー駆動時間は約11.0時間です。CPUにはAthlon Silver 3050Uを搭載しています。AMDのエントリークラスのCPUです。メモリ4GB、SSD 128GBとなっています。おすすめ度は★7つです。低価格帯のモデルとしてはおすすめ度が高いです。

>>HP 15s-eq1000エントリーモデルを購入<<

HP 15s-eq1000エントリーモデルのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
使用できる用途はある程度限られています。デュアル環境の構築もやや厳しいです。メインとなるのは動画視聴・Skype・ビジネスなどCPU性能がそれほど求められないものです。自宅でNetflixやYoutubeを観たり、仕事でSkypeやTeamsなどを使ったりということを考えている方向けです。

ワードやエクセルの簡単な作業であればオフィスソフトにも対応可能です。動画編集や画像編集を考えている方はCore iシリーズやRyzenシリーズを検討するべきです。上記のテーブルを参考に用途をしっかり考えてください。少しぐらいなら大丈夫だろうは通用しないです。

HP 15s-eq1000エントリーモデルの性能

Athlon Silver 3050U

athlonsilver3050useinou

Athlon Silver 3050Uは、2コア2スレッドの価格がウリのCPUです。2020年6月1日に発売された比較的新しいモデルとなっています。旧世代のCore i3シリーズに匹敵する総合性能は魅力的です。

しかしながら、CPU性能はそれほど高いわけではなく、必要最低限の性能を持つに留まります。クロック周波数がCeleron N4020などに比べて高いもののマルチスレッドスレッド性能は低く動画編集などコア数が重要な用途には適していません。どのような用途での使用を考えているのかを確認しておきましょう。

Radeon Graphics

radeongraphicsseinou

Radeon Graphicsは、CPU内蔵グラフィックスです。グラフィックス処理性能は高くありません。WEBデザインなどでの比較的軽い3Dグラフィックス処理も得意とは言えません。モニターに映像を写すためだけのものと考えて良いかもしれません。

>>HP 15s-eq1000エントリーモデルを購入<<

HP 15s-eq1000エントリーモデルを選ぶ3つの理由

税込44,800円と破格の価格だから

HP 15s-eq1000エントリーモデルの最大の魅力は価格の安さだと思います。税込44,800円だと手を出しやすいですね。最近の価格高騰の状況下では割安感がより出ているように思います。HP 15s-eq1000シリーズの最安値モデルで業界的にも最も安いモデルの一つです。

キャンペーン中は送料が掛からないのもポイントです。ローンでの購入でも金利手数料が無料というのも嬉しいですね。購入方法によらず安く抑えることが可能です。サブノートパソコンを探している方でも選択しやすいのではないかと思います。テレワークなどオフィス以外での作業を考えている方にもおすすめです。

最新のAthlon Silver 3050Uを搭載しているから

CPUにAthlon Silver 3050Uを搭載しているのは選ぶ理由になります。もちろん上位のRyzenシリーズやCore iシリーズには及びません。しかし、同価格帯のCeleronやPentiumと比べて同等以上のパフォーマンスを発揮します。クロック周波数の高さがメリットにつながっています。それでいて価格も抑えられているので選びやすいのではないかと思います。珍しいCPUですが、その実力は価格以上のものがあります。

FULL HD液晶モニターを搭載しているから

HP 15s-eq1000エントリーモデルのように税込4万円台のノートパソコンでFULL HD液晶モニターを搭載しているモデルは希少です。さらに、IPSパネルを採用していてナローベゼルデザインなのも高評価です。視野角が広く使い勝手が良いです。5万円以上のモデルと比べても引けを取りません。

格安ノートパソコンで一般的なHDに比べると当然視認性が上がりますので、より快適にPC作業を行えると思います。NetflixやYoutubeなど動画の視聴を考えている方にもおすすめです。特にFULL HD環境に慣れている方にとってHDモニターは違和感を感じてしまう可能性があります。無難に選びたいならFULL HDモニターをぜひチェックしてください。

>>HP 15s-eq1000エントリーモデルを購入<<

HP 15s-eq1000エントリーモデルの弱み

納期がかなり長い

HPのノートパソコン全般に言えることですが、納期がとにかく長いのがデメリットとなります。当然購入したらすぐ手に入れたいですよね。納期が重要なポイントとなることは否定できません。HP 15s-eq1000エントリーモデルが安い理由の一つなのかもしれません。特に低価格帯のHP 15s-eq1000エントリーモデルは人気が高いこともあって納期は2021年1月以降となっています。

2月以降になる可能性もあるので気長に待てる方でないと選びにくいかもしれません。それだけ先になってしまうと他のメーカーからもっと安いモデルが出たり、新型モデルが発売されたりといった可能性もあります。急ぎで格安ノートパソコンを購入したいならマウスコンピューターなどの国産メーカーを検討すると良いでしょう。

カラーはホワイトのみ選択できる

エントリーモデルについては、選択肢がホワイトのみです。定番のモデルながらパソコン選びに遊びを入れたいと考えている方は注意してください。ベーシックモデルになるとホワイト以外にもナチュラルシルバーやピンクローズを選べます。

ピンクローズはノートパソコンで人気のカラーなのでこれがないのは悲しいですね。女性の方から圧倒的な支持を得ています。ナチュラルシルバーとピンクローズのみWindows Hello指紋認証センサーが搭載されていますので、下位モデルとの差別化となっています。

やや本体が重くて持ち運びしにくい

HP 15s-eq1000-size画像引用元:https://jp.ext.hp.com/

本体重量の重さも弱みになります。従来モデルのHP 15-db1000に比べると20%軽量化されているもののそれでも約1.6kgと重さがあります。やや持ち運びをするには厳しいかもしれません。10万円前後のモデルになると15.6インチでも1kgを切るモデルもあります。1kgを大幅に上回るとカバンにいれての持ち運びも大変です。公式サイトでも外への持ち運びを想定しない方におすすめだと謳っていますね。

>>HP 15s-eq1000エントリーモデルを購入<<

Lenovo IdeaPad Slim 350と比較

ブランドHP Lenovo
画像HP 15s-eq1000IdeaPad-Slim-350
製品名15s-eq1000IdeaPad Slim 350
価格48,800円(税込)44,781円(税込)
液晶サイズ15.6インチ FULL HD14.0インチ FULL HD
重量約1.6kg約1.5kg
バッテリー駆動時間約11.0時間約9.0時間
CPUAthlon Silver 3050URyzen 3 4300U
GPURadeon GraphicsRadeon Graphics
メモリDDR4 4GBDDR4 4GB
ストレージSSD 128GBSSD 128GB
公式公式公式
同じFULL HDのモデルとしてLenovo IdeaPad Slim 350をピックアップしています。液晶サイズは14.0インチと一回り小さいです。ただし、重量が約1.5kgと重めです。やはりこの価格帯では軽量化することが難しいのでしょう。Lenovo IdeaPad Slim 350はCPUにRyzen 3 4300Uを搭載しています。4コア4スレッドとマルチスレッド性能が高いです。

クロック周波数も高くできる幅はぐっと広がります。GPU性能は同等です。メモリ、ストレージの構成も同じですね。価格差がなくワンランク以上上のCPUが手に入るという点でやはり別格です。もちろんAthlon Silver 3050Uも新しいCPUで価格相応の性能を持っているので評価はできます。約4,000円の価格差がある今はLenovo IdeaPad Slim 350の方がコスパが高いです。

HP 15s-eq1000エントリーモデルのケースデザイン

正面

HP 15s-eq1000
デザイン性の高いノートパソコンだと思います。質感を見ても税抜3万円台のモデルには見えません。FULL HD液用モニターということもあって視認性も高く使い勝手も良好です。キーボードにはテンキーも配置されています。

背面

HP 15s-eq1000
背面にはhpのロゴが映えます。シンプルなデザインとなっています。

右側

HP 15s-eq1000
右側面にはSDカードスロット、ヘッドフォン出力・マイク入力、USB Type-C、HDMI出力端子が配置されています。HDMI出力端子があるので気軽にデュアルモニター環境の構築が行なえます。

左側

HP 15s-eq1000
本体左側には電源コネクター及びUSB Type-Aが配置されています。モバイルノートパソコンでは一般的なものです。

>>HP 15s-eq1000を購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、HP 15s-eq1000シリーズの最安値モデルであるエントリークラスについてレビューを行いました。税込44,800円という価格設定は魅力的です。FULL HD・IPSモニターを採用していて視認性が高いです。動画視聴・オフィスソフトの使用などを快適に行なえます。HDモニターよりワンランク上のPC作業環境を構築です。

搭載されているAthlon Silver 3050Uは、2020年6月に登場した比較的新しいCPUです。2コア2スレッドと価格を重視したモデルとなっています。スペックからも分かる通りそれほど高いCPU性能を持っているわけではありません。性能を理解した上での購入をおすすめします。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume