dx-c5

管理人管理人

当記事では、ドスパラのノートパソコン「DX-C5」についてレビューをまとめています。シンプルな型番で覚えやすいですね。やっとドスパラから本気のノートパソコンが登場しました。長らくノートパソコンのラインナップが更新されていませんでした。古いモデルばかりでこれだ!と言える製品がなく悩ましい状況が続いていました。

もはやデスクトップパソコンにしか注力しないのかと考えていたところで新モデルの登場です。このモデルは高コスパのCore i5-10210Uを搭載して6万円台という価格設定が特徴の一台です。かなり価格が抑えられていてテレワークが推奨されている今の時代に最適です。

DX-C5のスペック

dx-c5

価格67,980円
液晶サイズ15.6インチ
重量約1.55kg
バッテリー駆動時間約7.7時間
CPUCore i5-10210U
グラフィックボードインテル UHDグラフィックス
メモリDDR4 8GB
SSD250GB
HDD非搭載
おすすめ度★★★★★★★★☆☆
DX-C5は、税抜6万円と手頃なノートパソコンです。重量は約1.55kgと15.6インチクラスのノートとしては軽いです。バッテリー駆動時間は約7.7時間となっています。持ち運びがメインという方でも使い勝手が良いですね。CPUにはCore i5-10210Uを搭載しています。グラフィックスはCPU内蔵タイプ(インテル UHDグラフィックス)です。メモリ8GB・SSD 250GBと構成は必要最低限に留まります。おすすめ度は★8個です。この性能でこの価格は素晴らしいの一言です。

>>DX-C5を購入<<

DX-C5のおすすめカスタマイズ

メモリ ★★☆☆☆

DX-C5memory
メモリ容量を増やすのはPC作業をより効率的にするために効果的です。このクラスではやや費用対効果が悪いかもしれません。費用面を考慮するべきですね。場合によってはCore i7-10510U搭載モデルを選択した方が良いでしょう。

SSD ★★★★★

DX-C5ssd
+2,000円で高性能なNVMe対応SSDにアップグレードすることができます。この金額であれば選択する価値があります。SSD容量を増やすと費用が掛かりますのでお財布と相談する必要があります。

HDD ★★★☆☆

DX-C5hdd
HDDの項目でSSDを搭載することができます。OSなどのシステムを上記のSSDに保存して、その他のファイルをこのSSDに保存するという使い方ができます。容量を重視するならHDDでも良いと思います。

DX-C5のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
ノート向けモデルとして標準的なCore i5-10210Uを搭載しているのである程度の用途に対応することができます。苦手な用途としてはグラフィックス性能も要求される動画投稿・ゲーム・実況です。その他CPU負荷が高い動画編集・DTM・CADなどは軽い作業のみ対応できます。デュアル環境の構築・動画視聴・RAW現像・WEBデザイン・ビジネスなど幅広く使用できます。趣味でもお仕事でも使いやすいですね。

DX-C5の性能

Core i5-10210U

corei5-10210useinou

Core i5-10210Uは、ノート向けモデルとして標準的な性能を持つCPUです。現行の省電力モデルだとCore i7-10710U・Core i7-10510Uに次ぐ性能を持っています。4コア8スレッドとマルチスレッド性能も高くRAW現像や軽い動画編集なら対応できます。前世代のCore i5-8265Uよりも僅かにパフォーマンスが向上しています。アーキテクチャーが共通ということもあって飛躍的な性能アップは見込めません。

Intel UHD 600

inteluhd600

CPU内蔵グラフィックスのIntel UHD 600は、最低限の3D処理性能を持っています。極端に負荷の高い作業は苦手ですが、一般ユーザーが使う範囲では問題ないでしょう。PhotoshopやIllustratorなどでの簡単な3Dグラフィックス処理なら対応可能です。動画編集・RAW現像ではそれほど3Dグラフィックス処理性能は要求されませんし、動画視聴など2Dファイルに取り扱いにグラフィックス処理性能は不要です。

>>DX-C5を購入<<

DX-C5を選ぶ3つの理由

Core i5-10210U搭載の中でも格安だから

Core i5-10210U搭載で税抜6万円台というのは驚異的です。この価格設定だけでドスパラにあっぱれをあげたいですね。Core i5-10210Uを搭載していてこの価格帯のモデルを見つけるのは至難の業です。ノートパソコンとしてトップクラスのコスパを誇ります。セールやキャンペーンなど特殊な環境でもなかなか難しいでしょう。

メモリ8GB・SSD 250GBと価格を考えると構成も十分だと思います。物足りないなと感じる方は必要に応じてカスタマイズで好みのモデルに仕上げてください。仕事でも趣味でも扱いやすいモデルでおすすめ度が高いです。

15.6インチノートとして非常に軽いから

当該モデルの重量はバッテリー込みで約1.55kgとかなり軽量化されています。15.6インチノートしては最軽量クラスです。さらに、本体も薄くカバンにもすっぽり収まりますね。自宅だけではなく職場や外出先でも積極的にパソコンを使用したいと考えている方は必見です。

数年前のモデルからの買い替えだとその軽さに驚くことになると思います。この重さなら持ち運びも容易です。ノートパソコンは持ち運べることがメリットなので、本体がこれだけ軽いというのは強みになります。

落ち着いたデザインで使用場所を選ばないから

本体はシルバーを基調としていて落ち着いた印象を与えてくれます。天板にはロゴもなくシンプルです。使う場所や人を選ばず使い勝手も良いですね。コワーキングスペースやカフェでも大活躍間違いなしです。狙いすぎたデザインは苦手だという方におすすめです。人によっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。

>>DX-C5を購入<<

DX-C5の弱み

ストレージ容量はSSD 250GBのみ

ストレージ容量はSSD 250GBのみとそれほど多いわけではありません。どのような環境でパソコンを使いたいのかを考えてください。OSがここに保存されることになりますので、実質保存できる領域は220GB前後になります。動画や写真などのファイルをたくさん保存する予定のある方はSSDやHDDをカスタマイズで追加しましょう。費用を抑えたいならクラウドストレージ(Dropboxなど)や外部ストレージを活用すると良いですね。クラウドストレージなら無料で利用可能です。

高級感があるデザインではない

お世辞にも高級感があるデザインではありません。価格を考えると高級感まで求めてしまうのは酷ですね。高級感のあるデザインを求めるなら10万円前後の予算が必要です。

DX-C5は、とにかくシンプルでオーソドックスなデザインです。落ち着いたデザインで使う場所を選ばないというメリットの代償が高級感の欠如と言えるかもしれません。

負荷が掛かるとファンの音が大きくなる

ノートパソコン全般に当てはまることですが、負荷が掛かるとファンの音が大きくなる傾向にあります。静かな場所だと少し耳障りに感じるぐらいです。動画編集・RAW現像など負荷の大きい作業がメインの方は注意してください。

また、ノートパソコンはその特性上熱がこもりやすく本体が熱くなります。キーボードに熱を感じることもあるでしょう。ノート用のクーラーやエアコンで空調管理をしても100%防ぐことは難しいです。ある程度の音と熱は受け入れる必要がありますね。

mouse X4-i5と比較

ブランドドスパラmouse
画像dx-c5mouse X4-i5-E
製品名DX-C5X4-i5
価格67,980円89,800円
液晶サイズ15.6インチ14.0インチ
重量約1.55kg約1.13kg
バッテリー駆動時間約7.7時間約12.0時間
CPUCore i5-10210UCore i5-10210U
GPUIntel UHD グラフィックスIntel UHD グラフィックス
メモリDDR4 8GBDDR4 8GB
SSD250GB256GB
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6
光学ドライブ搭載不可搭載不可
公式公式公式
Core i5-10210U搭載モデルの中で特に人気の高い「mouse X4-i5」と比較していきましょう。価格差は22,000円と大きいですね。それだけ「DX-C5」のお得感が際立ちます。もちろんmouse X4-i5もただ割高というわけではありません。この22,000円の価格差がどこにあるのかを見ていくと良いと思います。

まず、mouse X4-i5は14.0インチモニターを搭載しています。最近主流のサイズですね。重量は約1.13kgとおよそ27%軽いです。さらに、バッテリー駆動時間が約12.0時間と60%近く長いです。本体自体も小さいので持ち運びがメインなら検討する価値があります。

その他メモリ容量・SSD容量などは共通しています。Wi-Fi 6対応や光学ドライブ非搭載も同じですね。つまり、mouse X4-i5との差は本体の大きさ・重量・バッテリー駆動時間となります。この3点+デザインに22,000円の価値があると思えばmouse X4-i5がベストな選択になると思います。価格を重視したいならDX-C5がベストでしょう。

>>DX-C5を購入<<

DX-C5の口コミ

送料込みで8万円はお得感がありますね。メイン機としてもサブ機としてもおすすめしやすいです。カスタマイズをしなくても完成度が高い一台だと思います。

ゲーミングPCも人気がありますね。趣味用でガレリア、仕事用でDX-C5と使い分けるのも賢明な選択だと思います。

かなり久々にドスパラの新ノートとして登場しました。古いモデルばかりで紹介したいと思えるモデルがなかったので助かりました。

こちらも公式サイトの発表です。それなりに力を入れていることがわかります。

DX-C5のケースデザイン

正面

DX-C5syoumen
とにかくシンプルなデザインですね。シルバーで落ち着いています。狭額縁デザインというわけでもなくやや古さを感じてしまうかもしれません。

天板

DX-C5tenban
天板もシンプルです。キレイなシルバーが映えます。普通ならロゴを入れたくなる箇所だと思いますが、あえてロゴレスにしているのは通好みです。

左側面

DX-C5left
左側面にはHDMI×1、USB3.2 Gen2 (Type-C)x1、USB 3.2 gen1 (Type-A)x1、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子が配置されています。

右側面

DX-C5right
右側面にはカードリーダー、USB 3.2 gen1 (Type-A)x1、LANポートが配置されています。

キーボード

DX-C5keyboard
キーボードは価格相応です。テンキーの配置などやや癖がありますが、慣れれば問題ないレベルだと思います。

>>DX-C5を購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、ドスパラの「DX-C5」についてレビューを行いました。旧モデルばかりになっていたドスパラのノートパソコンのラインナップに新しいモデルが投入されました。CPUには高コスパで人気の高いCore i5-10210Uを選択しています。ノートパソコンとしての完成度が高くおすすめ度も★10個と満点です。

Core i5-10210U搭載モデルの中では格安です。4コア8スレッドとノート向けモデルとしては標準的な性能を持っています。動画編集やRAW現像にも対応することができます。本体が非常にコンパクトで重量も約1.55kgと軽いので、持ち運ぶ機会の多い方におすすめです。バッテリー駆動時間は約7.7時間と及第点です。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume