daiv5p
公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターが販売している「DAIV 5P(2021年版)」のレビューをまとめています。本体の軽さが魅力のクリエイター向けノートPCです。約1.53kgと持ち運びも苦になりません。バッテリー駆動時間が長いことも後押ししてくれます。

グラフィックスにはGTX 1650 Tiを搭載していて3Dグラフィックス処理性能もそこそこ高いです。一方で、注意点としてはメモリがシングルチャネルであることキーボードにやや癖があることが挙げられます。より詳しく見ていきましょう。

(+) GTX 1650 Ti搭載の人気モデル
(+) 本体重量約1.53kgと軽い
(-) メモリがシングルチャネル
(-) コストパフォーマンスは平凡

DAIV 5Pのスペック

DAIV 5Pspecs

価格153,780円(税込)
液晶サイズ15.6インチ 60Hz
重量約1.53kg
動作時間約18.5時間
CPUCore i7-10750H
グラフィックボードGeForce GTX 1650 Ti
メモリDDR4-2666 16GB
SSD512GB NVMe
HDD非搭載
光学ドライブ非搭載
Wi-Fi 6
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
DAIV 5Pは税込153,780円となっています。15.6インチのノートパソコンとしてはやや高めです。本体重量約1.53kgと軽いのが魅力です。また、バッテリー駆動時間も約18.5時間と長めになっています。持ち運びを考えている方に最適ですね。CPUにはハイパフォーマンスモデルであるCore i7-10750Hを、グラフィックスにはGeForce GTX 1650 Tiを搭載しています。

メモリはシングルチャネルDDR4-2666 16GBです。ストレージにはSSD 512GB NVMeを採用しています。Wi-Fi 6に対応しているのは新しいモデルらしさだと言えます。おすすめ度は★6つです。やや価格が高めなので値引きされるキャンペーンを狙っていきたいところですね。

この2021年モデルのDAIV 5Pは、2019年モデルのDAIV 5Pから大きく進化しています。一つは本体がアルミベースからマグネシウム合金へと変わりました。もう一つはバッテリーでリチウムイオンバッテリーからリチウムポリマーバッテリーに変更されています。本体の厚さが20.3mmから17.9mmへと11%の薄型化及び約500gの軽量化が実現しました。

>>>DAIV 5Pを購入<<<

DAIV 5Nのおすすめカスタマイズ

SSD (M.2) ★★★★☆

DAIV 5Nstorage

SSD容量のカスタマイズはおすすめです。特に動画や画像など多くのファイルを保存したい方は要チェックです。+8,690円でSSD容量を倍の1TBに増設することができます。より高性能なSAMSUNGモデルもありますが、価格差を考えると通常のモデルで問題ないでしょう。ここは容量と価格を重視して選ぶのが良いと思います。

ノートPC用クーラー ★★☆☆☆

DAIV 5Nnotecooler

熱が気になる方はノートPC用クーラーを選択しておきましょう。DAIV 5NはハイパフォーマンスモデルであるCore i7-10750Hを搭載していたり、グラフィックスにGTX 1650 Tiを搭載していたりと省電力モデルに比べると熱を持ちやすいモデルだと言えます。対策を行っておけばパフォーマンスの低下を防ぐことができます。ノートPC用クーラーは価格が2,310円と安価です。導入しやすい熱対策の一つだと言えます。例えば、空調があまり利用できない環境で作業をする場合はクーラーを活用すると良いと思います。

DAIV 5Nのおすすめ用途

デイトレ動画視聴実況CADDTMマンガ デザイン
kabufx
dougahaisin

gamejikkyouwomen
cad


webdesign
RAW現像動画編集Skype動画投稿ビジネスゲームデュアル

video_hensyu
tvdenwa
youtubervirtual
businessperson
gamedeveloper
dulamonitor
DAIV 5Pは、ノート向けモデルとしては平均以上の性能を持つノートパソコンです。デイトレ・動画視聴・Skype・デュアル環境などは余裕があります。CPU性能が高くDTM・マンガ制作・動画編集・動画投稿などに対応できます。本体が軽くバッテリー駆動時間が長いことでビジネス用途に最適です。省電力モデルとは一線を画する性能を持っています。RAW現像についてはメモリのシングルチャネルがネックとなりややパフォーマンスが低くなりますが、全く対応できないということはありません。

3D処理も対応可能です。エントリークラスのグラフィックボードであるGTX 1650 Tiを搭載しているののは強みになります。例えば、ゲームプレイ・3D CADなどに対応できます。ただし、処理性能が高いわけではありません。高解像度のゲームプレイや大規模な3D CADモデルには対応できないと考えておきましょう。

DAIV 5Pの性能

Core i7-10750H(CPU)

i7-10750Hbenchmark

Core i7-10750Hは、Intel第十世代のハイパフォーマンスモデルです。6コア12スレッドとスペックが高いです。TDPが45Wとと省電力モデルの15Wよりも大きくなっています。事実同じ6コア12スレッドの省電力モデルであるCore i7-10710Uと比べても20%以上パフォーマンスが高いです。ゲーミングPCにも採用されるほど高い性能を持つCPUとなっています。

従来モデルのCore i7-9750Hと比べて10%程度パフォーマンスが高いです。動画編集・画像編集・WEBデザインなど負荷の掛かる作業をメインに考えている方は必見です。ただし、メモリがシングルチャネルということで画像編集ソフトなどではパフォーマンスが発揮できないことがあります。

GeForce GTX 1650 Ti(GPU)

gtx1650tiseinou

GeForce GTX 1650 Tiは、エントリークラスのグラフィックボードです。GTX 1050 Tiの後継モデルで25%程度パフォーマンスが高いです。下位モデルであるGTX 1650よりも7%程度パフォーマンスが高くなっています。GPUメモリ容量は4GBとGTX 1050の倍の容量です。

WEBデザインや動画編集などに最適です。ゲームプレイでも通用しますが、設定を調整する必要があります。フォートナイトなど負荷のタイトルであれば対応しやすいです。クロック周波数を引き下げたGTX 1650 TI Max-Qデザインもラインナップにあります。

>>>DAIV 5Pを購入<<<

DAIV 5Pを選ぶ3つの理由

GTX 1650 Ti搭載の人気モデルだから

DAIV 5Pは、2019年に発売されてから長らく愛されている人気のノートパソコンです。Twitterなどでの口コミの多さからもその人気がわかります。性能と実用性の高さがその人気に繋がっています。当該モデルはGTX 1650 Ti×Core i7-10750H搭載でクリエイターPCとして優れた構成を持っています。

WEBデザイン・動画編集・画像編集など幅広い用途で考えている方に最適です。動画編集用のソフトウェアなどではGPUアクセラレーションを活用できるパフォーマンス面で有利になることがあります。グラフィックスにGTX 1650 Tiを搭載しているだけでできることの幅が広がります。CPU内蔵グラフィックスと比べると性能差は歴然です。作業中に重さを感じている方は必見です。

本体重量約1.53kgとかなり軽量化されているから

本体重量が約1.53kgと軽いのは十分このモデルを選ぶ理由になるでしょう。マグネシウム合金の採用及びリチウムポリマーバッテリーへの変更で実現しています。2019年モデルから大きく進化した部分です。15.6インチモデルの場合2.0kg前後の重さとなることが多い中で1.5kgというのは優秀です。

15.6インチモデルは、作業が行いやすい反面14.0インチモデルと比べると重くなりがちになっていました。DAIV 5Pではその懸念も払拭されています。本体も薄く持ち運ぶ機会が多い方ならメリットが大きいです。カバンに入れておけばそれほど重さを気にすることなく持ち運ぶことができると思います。女性の方にもおすすめしやすいです。

バッテリー駆動時間が約18.5時間と長いから

本体重量が軽いことに加えてバッテリー駆動時間が約18.5時間と余裕があるのも選ぶ理由になります。従来モデルと比べてバッテリー容量が二倍になり動作時間が伸びました。

レッツノートなど国産の有名ブランドのモデルと比べても遜色ありません。事前にしっかりと充電を行っておけば2,3日の出張でも問題なく使用できます。外出先でパソコン作業を行うことの多いビジネスパーソンにおすすめです。

>>>DAIV 5Pを購入<<<

DAIV 5Pの弱み

メモリがシングルチャンネルで性能面において不利なことがある

DAIV 5Pの最大の弱みはメモリがシングルチャネルということでしょう。シングルチャネルによってパフォーマンスが十分に発揮できないことがあるのです。Core i7-10750Hという性能の高いCPUを活かせないということです。シングルチャネルとはメモリの搭載方法を意味します。メモリ容量16GBを搭載していてシングルチャネルということは16GBのメモリを1基搭載しているということです。

シングルチャネルだとコスト面は押さえられますが、パフォーマンス面でデュアルチャネル(8GB×2基)に劣ります。一般的に、デュアルチャネルではメモリの帯域幅がシングルチャネルよりも1.5倍以上高速化されます。用途によってはこの帯域幅の違いが大きく影響を与えることがあります。例えば、画像編集アプリでは大きくパフォーマンスが劣ります。

場合によってはデュアルチャネル採用のCore i5-10300H搭載モデルに劣ることがあります。一方で、動画編集や動画のエンコードではそれほど変わらない用途もあります。基本的にはデュアルチャネルの方が好ましいということになります。よほど価格が安いなどのメリットがないと厳しいです。

性能を考えるとやや価格が高くコスパはよくない

GTX 1650 Ti×i7-10750H搭載モデルであることメモリがシングルチャネルであることを考えると価格は高めです。コストパフォーマンスは高いとは言えないのが現状です。Ryzenシリーズに比べると割高に感じてしまうでしょう。より安く同等以上の性能が手に入るからです。

せめて14万円台で購入したいですね。本体の軽さやバッテリー時間の長さを特別重視される方でないと選びにくいのではないかと思います。基本的にはセールやキャンペーン待ちで考えるのが良いです。それなりの割引額を見込むことができます。

キーボードにやや癖がある

DAIV 5Pkeyboard
採用されているキーボードにはやや癖があることは押さえておきましょう。ノートパソコンではこういったことがよくあります。例えば、テンキーが搭載されていなかったり、HOME・PGUP・CTRLキーなどがエンターキー(ENTER)の右側にあったりなど特殊な配置となっています。

また、キー同士がやや窮屈で手の大きい方だとタイピングがしにくく感じてしまうかもしれません。特にデスクトップPCのキーボードを普段から使っている方は慣れが必要となります。キーボードに関してはコストカットが行われていると考えて良いでしょう。

国内メーカーのモデルと比較

メーカーマウスコンピュータードスパラ
型番DAIV 5P
daiv5p
GALLERIA GR1650TGF-T
GALLERIA GR1650TGF-T
価格153,780円(税込)114,979円(税込)
液晶サイズ15.6インチ 60Hz15.6インチ 120Hz
重量約1.53kg約1.90kg
動作時間約18.5時間約7.5時間
CPUCore i7-10750HRyzen 5 4600H
GPUGeForce GTX 1650 TiGeForce GTX 1650 Ti
メモリDDR4-2666 16GB
(シングルチャネル)
DDR4-3200 16GB
(デュアルチャネル)
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆★★★★★★★★★★
公式公式公式
ドスパラのGALLERIA GR1650TGF-Tと比較していきます。価格差はおよそ39,000円と大きいです。液晶サイズはどちらも15.6インチです。GALLERIA GR1650TGF-Tは120Hzに対応していてより高性能です。本体重量はDAIV 5Pの方が20%軽いです。またバッテリー駆動時間も2.5倍近い約18.5時間となっています。やはりDAIV 5Pの強みは重量や動作時間にあります。

GALLERIA GR1650TGF-TはCPUにRyzen 5 4600Hを搭載しています。価格的には下位モデルに当たりますが、Core i7-10750Hと同じ6コア12スレッドと高いコスパを誇るCPUです。動画編集や画像編集などでは同等のパフォーマンスを発揮します。グラフィックスはGTX 1650 Tiで同じです。メモリはGALLERIA GR1650TGF-Tが上です。デュアルチャネルに加えてDDR4-3200と上位規格のメモリが採用されています。ストレージは共通ですね。GALLERIA GR1650TGF-Tのコスパの高さは圧巻です。

海外メーカーのモデルと比較

メーカーマウスコンピューターLenovo
型番DAIV 5P
daiv5p
ThinkBook 15p
ThinkBook 15p
納期最短5営業日最短6週間以上
価格153,780円(税込)124,960円(税込)
液晶サイズ15.6インチ 60Hz15.6インチ 60Hz
重量約1.53kg約1.99kg
動作時間約18.5時間約12.2時間
CPUCore i7-10750HCore i7-10750H
GPUGeForce GTX 1650 TiGeForce GTX 1650 Ti Max-Q
メモリDDR4-2666 16GB
(シングルチャネル)
DDR4-2933 16GB
(デュアルチャネル)
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆★★★★★★★★☆☆
公式公式公式
海外メーカーのLenovo ThinkBook 15pと比較していきます。サポートや納期などが国内メーカーと大きく異なるため別枠での比較です。納期が最短6週間以上とかなり長いです。忘れた頃に届く形となってしまいますね。価格差は28,820円です。液晶は共通です。本体重量はDAIV 5Pの方が23%軽いです。バッテリー駆動時間も同様にDAIV 5Pが上回ります。

CPUはどちらも同じCore i7-10750Hを搭載しています。ThinkBook 15pではGPUにGTX 1650 Ti Max-Qデザインを採用しています。GTX 1650 Tiよりも性能は劣りますが、省電力性が高いモデルです。ThinkBook 15pではメモリがデュアルチャネルで規格も上位モデルとなっています。シングルチャネルのメモリの方が珍しいですね。ストレージ容量は同等です。価格差を考えると魅力的ですが、納期が長すぎるのをどう見るかで評価が変わります。マウスコンピューターの24時間365日の電話サポートも強みになると思います。

>>>DAIV 5Pを購入<<<

DAIV 5Pのケースデザイン

正面

DAIV 5Psyoumen
2019年モデルと比べるとデザインが大きく変わりました。本体がより薄くすっきりとしています。狭額縁デザインを採用しているため視認性が高く作業に没頭できます。

天板

DAIV 5Ptenban

天板にはDAIVブランドのロゴが刻印されています。シルバーのデザインがオシャレですね。

キーボード

DAIV 5Pkeyboard
すでに見てきたとおりキーボードの配置がやや特殊ですので注意してください。違和感を感じてしまう可能性が高いです。キーボード自体にはバックライトが搭載されています。キーピッチは約18mm、キーストロークは約1.4mmです。やや窮屈さは感じるもののキーストロークは標準的で慣れてしまえば問題ないでしょう。

I/Oパネル

DAIV 5Piopanel

本体左側にはネットワーク端子・USB 2.0端子・USB 3.0端子・ヘッドホン出力/ヘッドセット端子・カードリーダーが搭載されています。カードリーダーはmicroSDカードです。カメラの画像を取り入れることを想定してSDカードにも対応していて欲しかったところですね。

右側にはUSB 3.0 Type-C端子・USB 3.0端子・HDMI端子・電源端子が配置されています。USB 3.0 Type-CはPower Deliveryには対応していません。クリエイター向けPCとしてはやや物足りないI/Oパネルだと言えるかもしれません。それでも最低限必要なものは備えられています。

>>>DAIV 5Pを購入<<<

DAIV 5Pの口コミまとめ

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターのDAIV 5Pのレビュー及び口コミをまとめました。GTX 1650 Ti×i7-10750H搭載のクリエイターPCです。Core i7-10750Hは、6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高くまさにクリエイター向けCPUだと言えます。DAIVブランドの中でも人気の高いモデルとなっています。本体重量が約1.53kgと軽く動作時間が長いのが最大の長所です。持ち運ぶ機会が多い方は必見です。

注意点としては、メモリがシングルチャネルでCPU性能をうまく引き出せないことがあります。デュアルチャネルを採用した下位モデルに劣ってしまうことがあります。また、コストパフォーマンスだけを見ると他のモデルに負けているように思います。例えば、ドスパラのGALLERIA GR1650TGF-Tなら4万円安く同等の性能が手に入ります。デュアルチャネル搭載というのもメリットですね。

公式

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume