GALLERIA GCR1660TGF-QC

管理人管理人

当記事では、ドスパラが販売している「GALLERIA GCR1660TGF-QC」のレビューをまとめています。最も売れているゲーミングノートPCの一つです。Intelとの共同設計で生まれたモデルということで安心感を与えてくれます。

GTX 1660 Ti×i7-9750Hを搭載し万人受けするモデルに仕上がっています。ゲーミング性能も十分で古いモデルからの買い替えにも最適です。どのモデルを購入すれば良いのか悩んでいる方はこのモデルを基準にすると良いと思います。

(+) インテルとの共同設計ゲーミングノートPC
(+) 重さ1.87kgとビジネスモデルと変わらない軽量モデル
(+) 登場時より価格が下がり手に入れやすくなった
(-) カスタマイズが一切できない
(-) 性能的に144Hzモニターを活かしにくい

GALLERIA GCR1660TGF-QCのスペック

GALLERIA GCR1660TGF-QC

価格145,380円
CPUi7-9750H ◎
グラフィックボードGeForece GTX 1660 Ti ◯
メモリDDR4 16GB ☆
SSD512GB NVMe ◎
HDD非搭載
液晶モニター15.6インチ 144Hz ◎
バッテリー駆動時間約10時間
重さ約1.87Kg
備考ゲーミングノートの決定版
おすすめ度★★★★★★★★★★

*各パーツごとの純粋な性能について☆→◎→◯→△→×の5段階で評価

CPUにはゲーミングノートでは一般的なCore i7-9750Hを搭載しています。これ以外の選択肢はほとんど考えなくても良いほど一般的です。グラフィックボードにはミドルクラスのGTX 1660 Tiを搭載しています。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと十分な構成です。液晶モニターは15.6インチ 144Hz対応モニターでゲーム適正も高いです。本体が軽いので外出先でも使いやすいと思います。

各タイトルの適正度

PUBGFortnite黒い砂漠
pubg
★★★☆☆
fortnite
★★★★☆
kuroisabaku
★★★☆☆
モンハンWTERAFF14
monhanw
★★★☆☆
tera
★★★☆☆
ff14
★★★★☆
*FULL HD環境×最高設定を基準にしています

ゲーム適性は標準です。PUBGや黒い砂漠など負荷の高い用途では標準設定を基準にする方が良いでしょう。もちろん負荷が軽いタイトルや少し前のタイトルであれば最高設定でのゲームプレイにも対応可能です。

ゲーミングノートの場合はCPUがボトルネックになってしまうことがあります。CPU性能が高くなったとは言えまだまだ伸びしろがある部分です。グラフィックボードと合わせてデスクトップ向けのモデルより性能が劣ることを理解しておきましょう。GTX 1660 Tiも同じ型番ですが、デスクトップ向けとノート向けではややスペックが異なります。必要に応じて設定を調整しなければいけません。

>>>>>GALLERIA GCR1660TGF-QCを購入する<<<<<

GALLERIA GCR1660TGF-QCを選ぶ3つの理由

使う人を選ばないミドルクラスゲーミングノートだから

価格的にも性能的にもミドルクラスのゲーミングノートPCはおすすめしやすいです。税抜15万円前後のモデルは売れ筋になる素質があります。このモデルに搭載されているGTX 1660 Tiはゲーミングノート向けGPUとして標準的でPascal世代の60番台(GTX 1060など)よりも格段に性能が向上しています。

CPUには6コア12スレッドのCore i7-9750Hを搭載していてバランスも良いです。最高設定ですべてのタイトルをさくさくとまではいきませんが、総合的に見てゲーム適性は高いです。もっともそれはノートパソコンという括りでのみ言えることです。どのゲーミングノートが良いのか悩んだらまずはこのモデルをチェックしてください。

性能的にはもちろんゲーム以外にも動画編集、画像編集(RAW現像)などクリエイター用途としても最適です。CPU性能が高く負荷の高いアプリケーションでの作業も得意分野となっています。省電力モデルのCore i7-10510Uと比べてもパフォーマンスは高いです。

重さ約1.87kgでバッテリー駆動時間も長く実用性が高いから

ゲーミングノートPCで重さ1.87kgというのは強みになります。多くのゲーミングノートが2kg超えの中でこの軽さは魅力的です。ゲーミングノートPC=重くて持ち運びに不便というのは過去のものです。特にこのガレリアGCR1660TGF-QCは軽さにこだわりがあります。

素材にマグネシウム合金シャーシを採用したことで業界最軽量クラスで薄くなっています。2kgを切っていれば持ち運びもしやすいと言えます。デザイン的にもゲーミングPCというイメージは与えずビジネス用途でも使用することができます。時代は本当に変わったものです。

価格が下がりコストパフォーマンスが高くなったから

発売時(2019年10月4日)の価格は189,980円となっていました。GTX 1660 Ti搭載モデルとしては高価すぎると感じたのが正直の気持ちでしたね。いくらIntelとの共同設計とは言っても適正価格とは言えず価格は下がるだろうと予測していてその通りの結果になりました。

2020年4月時点で税抜145,380円となんと44,600円も値下げが行われたことになります。いくらプレミアムが付いていたとしてもこれだけの利益が乗っかっていたと考えると割高過ぎですね。やっと適正価格になったと考えて良いでしょう。この価格ならむしろ安いぐらいでおすすめしやすいです。このタイミングを待っていた方は正解ですね。

>>>>>GALLERIA GCR1660TGF-QCを購入する<<<<<

GALLERIA GCR1660TGF-QCの弱み

カスタマイズができない

このモデルに関してはパソコンの根幹となる部分のカスタマイズができなくなっています。BTOパソコンとしての魅力は半減してしまいますね。もっともゲーミングノートPCでカスタマイズができるモデルの方が珍しいです。

光学ドライブを搭載することもできません。本体のスペース的にもここは仕方のない部分だと言えますね。本体が軽く薄いというメリットがあるからこそのデメリットと言えます。メリット>デメリットなら選択肢として悪くありません。

ご自身での増設についても対応できるのはメモリぐらいです。ただし、内部を勝手に開けてしまうと保証を受けられなくなるリスクがあるため推奨はしません。基本的にこの状態のままで使用しましょう。

144Hzパネルを活かすには性能不足

144Hzリフレッシュレートモニターを搭載していますが、宝の持ち腐れになってしまう可能性が高いです。当然高リフレッシュレートに対応しているモニターならより滑らかなゲームプレイが可能になるというわけです。しかし、140Hzモニターを活かすには当然相応の性能の高さが必要となります。

GTX 1660 Tiでは設定を下げないと100fpsを安定して出すことは難しいと言えます。フレームレートを出すために普段から設定を下げている方ならメリットに感じられるかもしれません。もっとも負荷の軽いタイトルなら何も問題はありません。

キャンペーンがあまり期待できない

このモデルについてはキャンペーンは期待できません。大型連休中なら値引きぐらいは見込めるかもしれませんが、すでに妥当な価格になっていることからそれすらも疑わしいです。

パーツについてもそもそもカスタマイズができないことを考えると当然アップグレードはないでしょう。税抜145,380円から少しでも値引きがあれば間違いなく買いとなります。

GALLERIA GCR1660TGF-QCのデザイン

正面

GALLERIA GCR1660TGF-QC-syoumen

狭額縁モニターを搭載しているためゲームや作業に没頭しやすくなっています。ゴツゴツしたゲーミングノートPCのイメージはどこかに行ってしまいました。カラーについてはブラック及びガンメタリックの2色から選択できます。キーパッドはやや左寄りに配置されていて作業が行いやすくなっています。

背面

GALLERIA GCR1660TGF-QC-back
GALLERIAの文字&ロゴが目立ちますね。もう少し存在感を消して欲しかったです。他社のようにロゴなしが選べたらなお良かったのですが…

キーボード

GALLERIA GCR1660TGF-QC-keyboard

キーボードはテンキーがありません。キータッチは軽くカチカチとメカニカル式のような打鍵感(実際は光学スイッチ式)が優秀です。人によっては安っぽさを感じてしまうかもしれませんが、ゲームの使用上問題はないでしょう。普段ゲーミングキーボードを使っている方なら満足できると思います。また、キー配列にクセがありエンターキーの横のスクロールボタンは誤クリックを生んでしまうと思います。慣れるまでは大変です。

右サイド

GALLERIA GCR1660TGF-QC-right

右サイドにはSDカードスロット、USB×2となっています。動画や写真といったデータを取り込むのも容易です。奥側には大きめの排気口もありますね。

左サイド

GALLERIA GCR1660TGF-QC-left

左サイドには排気口、USB、ヘッドセット用端子が配置されています。比較的シンプルで使い勝手は上々です。

後ろ側

GALLERIA GCR1660TGF-QC-haimen

背面にはHDMI、LAN端子、電源端子が配置されています。比較的配線の取り回しが行い配置だと言えます。

>>>>>GALLERIA GCR1660TGF-QCを購入する<<<<<

GALLERIA GCR2070RGF-QCとの比較

 GCR1660TGF-QCGCR2070RGF-QC
イメージGALLERIA GCR1660TGF-QC-GGALLERIA GCR1660TGF-QC-G
価格145,380円186,280円
CPUi7-9750Hi7-9750H
GPUGTX1660TiRTX2070 MAX-Q
メモリDDR4 16GBDDR4 16GB
SSD512GB NVMe1TB NVMe
HDD非搭載非搭載
モニターサイズ15.6インチ15.6インチ
リフレッシュレート144Hz144Hz
バッテリー駆動時間約10時間約10時間
重さ約1.87Kg約1.87Kg
納期翌日出荷翌日出荷
公式公式公式
上位モデルとして「GALLERIA GCR2070RGF-QC」があります。グラフィックボードがGTX 1660 Ti→RTX 2070 MAX-Q、SSDが512GB NVMe対応→1TB NVMe対応と特にグラフィック性能の違いが大きなポイントです。144Hzモニターを活かしたいなら選択肢に入ります。

価格差が39,900円と大きめですので悩ましいところだと思います。最高設定にこだわりたいというなら「GALLERIA GCR2070RGF-QC」の方が好ましく、価格・コスパ重視なら「GALLERIA GCR1660TGF-QC」がおすすめです。

>>>>>GALLERIA GCR1660TGF-QCを購入する<<<<<

GALLERIA GCR1660TGF-QCの口コミまとめ

売れ筋モデルということもあってたくさんの口コミが集まっています。簡単にコメントを載せていますのでぜひ参考にしてくださいね。

Twitter

優勝されたのは素晴らしいです。ドスパラはesportsの普及にも力を入れていてそれが実っていますね。ゲーミングノートPCの進化は著しく数年で大きく変わります。性能不足を感じるようになったら現行モデルへの買い替えを検討しましょう。

価格が下がって本当にコストパフォーマンスが高くなりました。ドスパラらしさあふれる一台だと思います。売れ筋No.1も伊達ではありません。

GCR1660TGF-QCでもキーのクセはあるので事前にしっかり確認しておくのが良いですね。キー配置はしっかり改善されていますね。

ゲーミングノートPCは総じて性能が高く用途はゲームプレイだけに留まりません。お絵かき、プログラミング、動画視聴など幅広く対応できます。流行りの動画編集もばっちりですよ。

軽さが自慢の一台だと言えます。普段遣いでも問題ないです。カフェなどでも周りを気にせず使用できます。

その他

購入年:2020年 使用目的:FPSプレイ

フォートナイトをプレイするために購入しました。PS4のものでは満足できなくなったためです。結果的に性能も十分で満足しています。高設定でも100fps以上出ます。外出先でもフォトナができるのは嬉しいです。


購入年:2020年 使用目的:ゲームプレイと動画編集

PUBGなど様々なゲームを普段からしています。ただ、ヘビーユーザーというわけではなく時間があるときにプレイする程度でスペックよりも価格重視で選びました。以前使っていたモデルが古いこともあってGALLERIA GCR1660TGF-QCでもかなりの違いを感じられます。

売れ筋ゲーミングPCをチェック

gamingpcranking