mobilerooter

管理人管理人

当記事では、主にBTOノートパソコンで使うのにおすすめのポケットWi-Fiを比較紹介しています。外出先でも気軽に使えるネット環境を構築したいと考えている方向けの内容です。

当然固定回線(光回線など)に比べると通信速度はやや劣るものの、時代と共に着実に進化していて快適にネットができるようになりました。初めにポケットWi-Fiを選ぶ前に知っておくべき知識をまとめています。初心者の方はぜひ目を通してくださいね。すでに知ってるよーという方は飛ばしていただいても大丈夫です。

最適なポケットWi-Fi選びで必要な前提知識(初心者向け!!)

ポケットWi-Fi=モバイルルーター全般と定義

当サイトではポケットWi-Fi=外出先でも使えるモバイルWi-Fiルーター全般のこととして進めていきます。つまり、ポケットWi-Fi=モバイルWi-Fiルーター(WiMAXやY!mobile)と認識してください。その方がわかりやすいからです。本来ポケットWi-Fiはワイモバイルが提供するLTE回線利用のモバイルWi-Fiルーターのことを意味してかなり狭い範囲に限定されています。

種類は多いけど選び方はとても簡単

ポケットWi-Fiと聞くとどれが良いのかわからなくて結局何も選ばずになってしまったという方も多いかもしれません。しかし、蓋を開けてみると非常にシンプルです。ある程度選び方が決まっているため悩まなくても大丈夫です。今日はあなたに最適なポケットWi-Fiを決めることができるでしょう。BTOパソコン購入と合わせて購入しておけばパソコンが届いてすぐにネット環境を作ることができますね。

ポケットFi-Fiの正しい選び方ガイド

pocktwifiillust (2)

ポケットWi-Fiのサービス会社を選ぶ

ポケットWi-Fiのサービス会社を選ぶところから始まります。上記の表のサービス会社の次の層を見てください。WiMAX、Y!mobile、docomo、au、Softbankuが主要サービス会社です。基本的にはWiMAXを選択しておけば失敗はありません。

Nomad SIMから下はSoftbankなどの回線を利用しています。借りている状態なので所要サービスよりも回線速度が早くなることはありません。Nomad SIMは、解約手数料が不要で料金が安いことからWiMAX以外で選ぶなら第一の選択肢になります。縛りが嫌な方は検討してみてください。

ポケットWi-Fiを申し込むプロバイダを選ぶ

WiMAXに決めたら次はプロバイダを決めます。プロバイダとは、WiMAXなどの回線を繋ぐ役割を果たしています。基本的にはサービス会社とプロバイダが別になっています。(docomoなど除く)どのプロバイダを選ぶかでお得度が変わります。

具体的には月額費用やキャッシュバックキャンペーンです。月額費用については、キャッシュバックを考慮して実質費用で考える必要があります。現時点ではGMOとくとくBB WiMAXあるいはBroadWiMAXがおすすめです。詳細についは次のポケットWi-Fi比較ランキングで紹介しています。

モバイルWi-Fiルーター端末を選ぶ

次に端末を選びます。WiMAXであればプロバイダで指定された中から選択することになります。最新のモデルはW06です。一つ前のWX05も人気があります。スペックは異なりますが、実際にその差を体感できるかどうかは別です。好みで選択してしまってもOKです。また、自宅に置くホームルータタイプも選択できます。

なお、Nomad SIMなどは別途ご自身でモバイルWi-Fiルーターを購入する必要があります。Amazonやヨドバシカメラなどで購入することが可能です。

おすすめのポケットWi-Fi比較ランキング【2019年】

GMOとくとくBB WiMAX

tokutokubb

初期費用実質月額費用月額費用キャンペーン解約金
3,000円3,041円3,609円~31,000円9,500円
キャッシュバックキャンペーンがお得なポケットWi-Fiです。2年使うことを前提とすれば最も安く利用することができます。通信についてもWiMAXということもあり快適です。2ヶ月目までは月額3,609円、その後月額4,263円です。キャッシュバック31,000円を考慮した実質月額費用は3,041円と最安値です。キャッシュバック特典は端末発送月を含む11ヶ月目にメールアドレス宛てに届く案内通りにするだけです。

>>>>>GMOとくとくBB公式HPはこちら

BroadWiMAX

broadwimax

初期費用実質月額費用月額費用キャンペーン解約金
3,000円3,478円2,726円~月額費用割引9,500円
BroadWiMAXも人気のサービスです。月額費用が抑えられているもののキャッシュバックキャンペーンがないためGMOとくとくBB WiMAXに比べると実質月額費用は少し高くなります。それでも初回から月額費用を下げられるのは魅力です。ただし、Web割キャンペーン適応の条件があり少しわかりにくいため初心者の方にはGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

>>>>>BroadWiMAX公式HPはこちら

Nomad Sim

nomadsim

初期費用実質月額費用月額費用キャンペーン解約金
3,000円3,725円(4,925円)3600円(4,800円)なし0円
料金設定が非常にわかりやすく初心者の方にもおすすめです。月額3,600円のプランでも月100GBまで使用することが可能です。この容量内なら速度制限が掛かることはありません。契約の縛りがなく誰にでもわかりやすいのはポイントが高いです。ただし、ご自身でモバイルルーターWi-Fi端末を購入する必要があります。安いものなら1万円以下で購入することが可能です。

>>>>>Nomad Sim公式HPはこちら

人気のモバイルルーターWi-Fi端末(GMOとくとくBB WiMAX)

Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06
最新のモバイルルーターWi-Fi端末となっています。USB接続をすると下り最大1.2Gbpsという高速通信が可能です。上りは最大75Mbpsです。ただし、あくまでも最大で実際の使用でそれほど数値が出ることはありません。ポケットWi-Fiでは最大数値は重要視しなくても良いでしょう。それよりも持ち運びのしやすさやバッテリー駆動時間などを重視しましょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX05

Speed Wi-Fi NEXT WX05
一つ前のモバイルルーターWi-Fi端末です。下り最大440Mbps、上り最大75Mbpsとなっています。バッテリー駆動時間も長く人気のある端末です。

ポケットWi-Fiと光回線(自宅や職場など)との違いを比較

 ポケットWi-Fi光回線
使用場所自宅外でも使用可自宅・職場のみ
開通日数2,3日2週間
通信速度★★☆☆☆★★★★★
通信制限ありなし
月額料金3,000円~5,000円~

利便性

利便性に関しては持ち運びができるポケットWi-Fiに軍配が上がります。光回線や自宅や職場など開通している場所のみ利用可能となっています。自宅以外でもパソコン作業をしたい方や出張先でネットを使いたいという方にポケットWi-Fiはおすすめです。

開通日数

ポケットWi-Fiは申込後およそ2,3日で自宅に届けられます。自宅に届けば設定をするだけですぐに使用することが可能です。光回線は工事の予約をして実際に工事を行って初めて利用できるようになります。混雑時などは一ヶ月先になってしまうこともあります。開通日数という側面でもポケットWi-Fiは有利です。

通信速度

通信速度については光回線が圧倒的です。少し前に比べるとポケットWi-Fiの通信速度も改善していますが、光回線に比べると劣ります。また、通信制限があることもポケットWi-Fiの弱みです。使い放題を謳っていても実際は利用状況によって制限が掛かります。

料金

月額料金はポケットWi-Fiの方が安いです。ただし、特性が大きく異なるためそれほど月額料金については気にしなくても良いでしょう。あなたが使用を想定している利用環境に応じて選択するのが好ましいです。

ポケットWi-Fiのデメリット・注意点まとめ

クレジットカードが必要

基本的にはクレジットカードを持っていないと申込みをすることができません。上記で紹介しているNomad SIMならデビットカードにも対応しています。口座振替に対応しているプロバイダもありますが、サービス面で劣ることがあるのでおすすめしにくいです。クレジットカードをまだ持っていないという方は年会費無料のクレジットカードを作成することを推奨します。

解約すると違約金が掛かる

WiMAXの場合短期解約をすると違約金が発生することが一般的です。契約期間も3年と長めなのでそこまで長く使用することを想定していない場合はNomad SIMがおすすめです。短期契約なら結果的に安くなります。2年以内に解約した場合は24,800円、25ヶ月目以降契約更新月以外の解約の場合は9,500円と高額です。契約更新月は端末発送月翌月に設定されます。

通信速度が遅くなったりや使用制限があったりする

場合によって通信速度が遅くなってしまうことがあるというのがデメリットの一つです。普段は動画視聴やインターネット利用が快適でも一定容量以上の通信を行うと通信制限が掛かることがあります。ゲームプレイやアプリケーションのアップデートなどは容量が必要なため避けた方が無難です。また、エリアや時間帯(平日夜など)によって遅くなってしまうことも起こり得ます。

ポケットWi-Fiに関するよくある質問

ポケットWi-Fiは海外でも使用できますか?
海外で使えるポケットWi-Fiもあります。当サイトで紹介しているポケットWi-Fiは海外使用非対応ですので、「どんなときもWi-Fi」などがおすすめです。
デスクトップパソコンでポケットWi-Fiを使用できますか?
使用することが可能です。別途無線LAN子機を購入してデスクトップPCのUSBに挿すことで利用できます。Amazonで数千円で販売されています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、BTOノートパソコンでおすすめのポケットWi-Fiについて紹介しました。ポケットWi-Fiがあればカフェでも快適にネット環境を構築することができます。ポケットWi-Fiには様々な種類があるため初めてだと複雑に思えるかもしれません。しかし、選ぶべきものはそれほど多くなく簡単です。答えは、「GMOとくとくBB WiMAX」、「BroadWiMAX」などのWiMAXです。短期間で大量の通信をしない限りは速度制限に掛かることもなく使い放題です。月額費用もそれほど高額ではなく使いやすいです。

なお、それほど長く使用する予定のない方やすでにモバイルルーターWi-Fiを所有されている場合は「Nomad SIM」がおすすめです。短期解約でも違約金は発生せず、毎月100GB使用できますので使い勝手が良いです。

合わせて読みたい記事一覧

インターネット回線を契約しよう【2019年】

自宅や職場に光回線を引きたいと考えている方はこちらも参考にしてくださいね。ポケットWi-Fiよりも高速通信が可能です。ゲームプレイや動画視聴を考えているなら光回線の方が良いでしょう。

合わせて読みたい記事カテゴリ一

お役立ち情報快適なPC環境
usefulinfo

アフターサポート etc.
pckankyou

PCの置き場所 etc.
周辺機器デバイス
peripherals

PCモニター、プリンター etc.
device

マウス、キーボード etc.

TOPページに戻る

btoosusume